インクジェット紙とスタンプの相性

インクジェット紙とスタンプの相性 年賀状などを作る際やお手製のスタンプを作成している人などが気になる疑問の中に、郵便はがきにスタンプを押す際には普通のものとインクジェット紙どちらを選んだらより仕上がりがいいのだろうというものがあります。
最近では消しゴムはんこブームなどもありますから、これは非常に気になるポイントです。
インクジェット紙は普通のものと比べるとインクの発色が良いという傾向が強いため、見た目や色味にこだわりがある人におすすめです。
インクの滲み具合に関しては、どのようなタイプのインクを使用したとしてもあまり大差はありませんから、この点だけを見るならどちらを選んでも良いと言えるでしょう。
ただ、油性顔料インクを使用すると普通のものよりインクジェット紙の方が幾分乾きが遅いため、しっかりと乾ききったことを確認する必要があります。
また、安物のインクはどちらとも乾きが非常に遅く、色によっては数日放置しても触ると擦れてしまうことがあります。

インクジェット紙とシールの相性

インクジェット紙とシールの相性 インクジェット紙とシールは相性が良く、イラストを綺麗に印刷したい人におすすめです。
インクジェット紙を使ったシールは通販でも購入可能なため、オリジナルデザインの物を気軽に作ることができます。
色々な大きさのシールが販売されているので、使用用途に合わせて購入することが可能です。
入っている枚数が少ない商品もあるため、たくさん使わない場合でも気軽に購入できるようになっています。
自分で印刷するのが難しい場合は、専門業者に発注すると良いでしょう。
印刷会社は綺麗に仕上げてくれるので、満足度の高い物を作ることができます。
小ロット数の注文を受け付けている会社であれば、少しだけ作りたいという人も安心です。
自分で印刷する時間を節約することができるため、職場でラベルが必要になったときに便利なサービスといえます。
インターネットでいつでも作成依頼ができるので、誰でも簡単にインクジェットを使用した物を入手できるでしょう。