文字印刷をするなら普通紙

文字印刷をするなら普通紙 インクジェットプリンタはa4サイズの普通紙のプリントアウトに最適です。一般的な事務文書を出力するのであれば、専門的な業務用モデルを買わなくても十分です。基本はa4サイズでも、それ以下のサイズであれば対応します。ハガキやポストカードなども市販のインクジェットプリンタで印刷出来ます。
家族写真のプリントアウトは画像プリントアウトに適した高品質な用紙がおすすめです。しかしオフィスや自宅の書斎で使う物なら普通紙が十分であり、このタイプが最もコストパフォーマンスが高くなります。家電量販店やホームセンターではしばしばワゴンセールの対象品です。普段から文書を印刷してよく不特定多数の人々に配布する方は、コストパフォーマンスも意識しなければなりません。
白黒の文字メインの文書なら、用紙の品質にこだわる必要が殆どなく、まとめ買いした安価なコピー用紙でも最新のインクジェットプリンタなら素早く高いクオリティーで刷れます。

インクジェットとレーザープリンターの違い

インクジェットとレーザープリンターの違い 主に使用されているプリンターの種類には、インクジェットプリンターとレーザープリンターという2つのタイプがあります。これらのプリンターは印刷方法に違いがあり、インクジェットでは用紙にインクを直接ふきつけて印刷しますが、レーザープリンターでは感光体で印刷イメージを描き、トナーを付着させて印刷をします。
インクジェットの強みは、色の再現性が高いという点です。普通用紙ではなく、光沢のある特殊な用紙を使用することで、その特長を生かしたカラー印刷ができます。印刷時間はレーザープリンターよりも長いですが、本体価格が安く、消費電力が少ないというコスト面におけるメリットがあります。ただ、インクのカートリッジが小さく交換頻度が高くなるので、印刷枚数が多い場合はコストパフォーマンスが悪くなります。したがって、印刷枚数が少ない場合や、色の再現性が重要になる場合は、インクジェットプリンターを使って印刷した方が良いと言えます。